【東京モーターショー2017】三菱電機、次世代技術搭載の EMIRAI4 など紹介予定

自動車 ニューモデル モーターショー

三菱電機 ブースイメージ
  • 三菱電機 ブースイメージ
三菱電機は、10月25日から11月5日まで、東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)される「第45回東京モーターショー2017」に出展し、スマートモビリティー時代に向けたコンセプトカー「EMIRAI4(イーミライフォー)」をはじめ、各種先進技術と製品を紹介する。

メーンステージでは、「Feel the EMIRAI ~未来はここにある~」をコンセプトに、三菱電機が提案するスマートモビリティー時代のクルマ社会を、低炭素化・持続可能な社会を支える「電動化」、自律型走行とインフラ型自動走行により安心・安全な社会に貢献する「自動運転」、一人ひとりに快適性を提供する「コネクテッド」の視点から映像を通して紹介する。

目玉となるのは、次世代の運転支援技術を搭載したコンセプトカー「EMIRAI4」だ。最新のHMI(ヒューマンマシーンインターフェース)技術を搭載し、安心・安全・快適なコックピットを実現。広角カメラ型ドライバーモニタリングシステムにより安全運転を支援するほか、ライティング技術により人と車のコミュニケーションも実現する。

電動化ゾーンでは、48Vハイブリッド車向けエンジン出力軸直結型ISG(スターター兼ジェネレーター)システムをはじめ、同社が提案する将来の電動化システムを紹介する。

自動運転ゾーンでは、高速道路で実証実験中の自動運転技術搭載車「xAUTO」を紹介する。自律型走行技術とインフラ型走行技術を組み合わせた公道での走行映像や、xAUTO搭載の各種製品をAR(拡張現実)対応可動式ディスプレイを用いて紹介。さらに高精度3次元地図関連の各種技術や製品を展示する。

コネクテッドゾーンでは、AI活用の次世代カーナビゲーションシステムをはじめ、ドライバーの運転支援に寄与する各種技術を紹介する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集