【IIHS衝突安全】レクサス IS 改良新型、最高評価のトップセーフティピック+

自動車 テクノロジー 安全

レクサス IS 改良新型の米IIHS衝突テスト
  • レクサス IS 改良新型の米IIHS衝突テスト
  • レクサス IS 改良新型の米IIHS衝突テスト
  • レクサス IS 改良新型の米IIHS衝突テスト
  • レクサス IS 改良新型の米IIHS衝突テスト
米国IIHS(道路安全保険協会)は、2018年モデルとして発売された改良新型レクサス『IS』の衝突安全テストの結果を公表した。最高評価の「2017トップセーフティピック+」に認定されている。

IIHSの「トップセーフティピック」を獲得するには、前面衝突、側面衝突、追突想定、スモールオーバーラップ衝突、ロールオーバー(車両転覆)の各耐衝撃性能試験のすべてにおいて、最高の「Good」評価となるのが条件。また、前面衝突予防評価において、「ベーシック」を獲得することも要求される。

さらに上の「トップセーフティピック+」を獲得するにさらに上の「トップセーフティピック+」を獲得するには、トップセーフティピックの耐衝撃性能試験での最高評価とともに、前面衝突予防評価で「アドバンスド」、「スーペリア」のいずれかの獲得が必要になる。また2016年からは、ヘッドライト性能評価が導入され、「Good」、「Acceptable」のいずれかの獲得も必要。チャイルドシートの固定のしやすさも、評価対象となった。

改良新型レクサスISは、対向車がセンターラインを超えて衝突した場合を想定したスモールオーバーラップ衝突テストにおいて、ドライバーの生存空間を充分に確保し、最高のGood評価。インパネ部分の室内への侵入を、およそ4cmにとどめた。前面およびサイドのエアバッグも、ダミー人形を適切に保護。その他の衝突テストも、すべて最高のGood評価を得た。

また、前面衝突予防評価は最高のスーペリア。ヘッドライトの性能評価はAcceptable。チャイルドシートの固定の評価は最高のGoodを獲得している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集