ZFとDHL、自動運転配送トラックの試験運用を2018年より開始---NVIDIA DRIVE PX

自動車 テクノロジー ITS

EV配送車のプロトタイプ
  • EV配送車のプロトタイプ
自動車サプライヤー大手の独ZF社と、世界最大の郵便・物流企業であるドイツポストDHLグループ(DPDHL)は連携し、自動運転配送トラックの試験運用を2018年より開始すると発表した。

宅配便やeコマース配送では、センターから最終目的地への配送(ラストマイル)が最も複雑でコストもかかる。今回の試験運用では、NVIDIA DRIVE PXテクノロジーに基づき開発されたZF ProAI自動運転システムをDPDHLの小型EVトラックに搭載。「ラストマイル」配送を含めた荷物の輸送、配送を自動化する。

現在、DPDHLはストリートスクーター製のEV配送車を3400台使用。これらにZFの複数のセンサーとZF ProAI自動運転システムを搭載することで、環境の把握、前方の安全経路確認、選択ルートに沿った走行、自動駐車など、より正確で安全な配送を低コストで実現できるという。

AI配送車の開発にあたり、DPDHLはニューラルネットワークのトレーニングのため、AIスーパーコンピューターNVIDIA DGX-1によるデータセンターをすでに構築済み。今後は、ディープラーニングモデルをトラックのNVIDIA DRIVE PXプラットフォームで稼働させる計画だ。試験運用で使用する配送車のプロトタイプには、6台のカメラ、1台のレーダー、2台のライダーを搭載。各種データをNVIDIA DRIVE PXに提供する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集