【東京モーターショー2017】ハーレーダビッドソン、普通免許で運転可能な三輪車を出展

自動車 ニューモデル モーターショー

トライグライド ウルトラ
  • トライグライド ウルトラ
  • トライグライド ウルトラ
  • トライグライド ウルトラ アニバーサリーV
  • トライグライド ウルトラ アニバーサリーV
  • フリーウィラー
  • フリーウィラー
ハーレーダビッドソンジャパンは、10月28日~11月5日に一般公開される「第45回東京モーターショー2017」にハーレーダビッドソン誕生115周年限定カラーを採用した三輪車『トライグライド・ウルトラ・アニバーサリーV』を日本初公開すると発表した。

米国自動車・二輪車メーカーで東京モーターショーに出展するのはハーレーダビッドソンだけ。

今回は、二輪免許不要、普通自動車(MT)免許のみで運転可能な最新の2018年モデルのトライク4台を出品する。

「全てを自由のために。自由を全ての人へ。」を掲げるハーレーダビッドソンでは、従来の二輪車だけでなく、クルマが本来持つ「出掛ける楽しさ」を体験できるトライク商品群の魅力を、より多くのドライバーにアピールするため、今回の出展をトライクのみに限定する。

「Milwaukee-Eight 107」エンジン搭載の最高峰トライク「トライグライド・ウルトラ」、限定カラーを採用した「トライグライド・ウルトラ・アニバーサリーV」、ホットロッドスタイルで楽しむトライク『フリーウィラー』を出品する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集