【リコール】三菱 デリカ ディーゼル車4万台、NOx排出量増加のおそれ

自動車 テクノロジー 安全
デリカD:5 D-Premium
  • デリカD:5 D-Premium
  • 改善箇所
三菱自動車は9月28日、『デリカ』ディーゼルエンジン車の排気ガス再循環(EGR)クーラーバイパスバルブを制御するソレノイドバルブに不具合があるとして、国土交通省にリコールを届け出た。対象となるのは2012年12月18日~2017年6月23日に製造された4万0390台。

ソレノイドバルブの使用環境に対する外装樹脂材の選定が不適切なため、内部のコイル線との熱膨張差が大きく、コイル線に繰り返し過大な応力がかかることがある。そのため、そのまま使用を続けると、コイル線が断線し、エンジン警告灯が点灯するとともに、フェールセーフによりEGR制御が停止し、最悪の場合、窒素酸化物の排出量が増加するおそれがある。

改善措置として、全車両、当該ソレノイドバルブを対策品と交換する。

不具合は44件発生、事故は起きていない。市場からの情報により発見した。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • 【リコール】三菱 デリカ など4万1000台、エンスト再始動不能となるおそれ 画像 【リコール】三菱 デリカ など4万1000台、エンスト再始動不能となるおそれ
  • マツダがディーゼル専用車「CX-3」にガソリン車を追加した理由 画像 マツダがディーゼル専用車「CX-3」にガソリン車を追加した理由
  • 独BMW、一部ディーゼル車22万台を無償修理…排ガス性能向上へ 画像 独BMW、一部ディーゼル車22万台を無償修理…排ガス性能向上へ

特集

おすすめのニュース