【フランクフルトモーターショー2017】コンチネンタル、「BEE」をバーチャル体験…群れを作る自動運転車

自動車 ニューモデル モーターショー

コンチネンタル BEE
  • コンチネンタル BEE
  • BEEを体験するVRグラス
コンチネンタルは9月12日、ドイツで開幕したフランクフルトモーターショー2017において、コンセプトカーの『BEE』のバーチャル体験を行った。

車名のBEEとは、バランスド・エコノミー&エコロジーモビリティコンセプトの略。経済性とエコロジー性を両立させたコンセプトカーとなる。また、BEEは英語でミツバチを意味。コンチネンタルによると、ミツバチのように考え抜かれた群行動によって、BEEは都市環境におけるモビリティの一部になるという。

BEEは、大人1名または2名向けに設計されたストレスフリーで、快適な都市移動を可能にするコンチネンタルの未来型コンセプトカー。BEEは最高速60km/h、1日あたりの走行距離350km以上を実現。将来的には日常生活において、さまざまなサイズで異なる機能をもつ自動運転車や電動車両などの群れの一部となり、各ユーザーの需要に最大限に対応することを想定している。

さらにBEEは、専用アプリでユーザーの元に呼び出すことが可能。コンチネンタルのモビリティコンセプトでは、BEEの呼び出しから実車到着までの所要時間は数分という。フランクフルトモーターショー2017の会場では、仮想現実のVRグラスをかけて、BEEの車両コンセプトを体験するデモを実施している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集