ジャガーのEVクロスオーバー、I-PACE でワンメークレース 2018年から

エコカー EV
ジャガー I-PACE のワンメークレースマシン
  • ジャガー I-PACE のワンメークレースマシン
  • ジャガー I-PACE のワンメークレースマシン
  • ジャガー I-PACE のワンメークレースマシン
  • ジャガー I-PACE のワンメークレースマシン
  • ジャガー I-PACE のワンメークレースマシン
ジャガーカーズは9月12日、世界最高峰のEVレース、「フォーミュラE」のサポートレースとして、2018年シーズンから世界初の量産EVによるワンメークレースを開始すると発表した。

このEVレースに使用されるのが、ジャガーカーズが2018年に市販予定のEVクロスオーバー車、ジャガー『I-PACE』。モーターは、前後アクスルに搭載し、4輪を駆動。合計で400psのパワーと、71.4kgmのトルクを引き出す。71.4kgmもの強力なトルクは、スポーツカーの『Fタイプ』の最強グレード、「SVR」と同数値。パワフルなモーターのおかげで、I-PACEは0‐96km/h加速およそ4秒の性能を発揮する。

また二次電池は、リチウムイオンバッテリーで、蓄電容量は90kWhと大容量。1回の充電で、最大500km以上を走行できる。充電時間は、急速チャージャーを使えば、およそ2時間で完了する。

ジャガーカーズは2018年シーズンから、フォーミュラEのサポートレースとして、I-PACEによるワンメークレースを開催する計画。1レースに20台が参戦する予定で、香港、パリ、ローマ、ニューヨーク、サンパウロなどの都市で、全10戦を行う予定。

なお、I-PACEのレーシングカーは、ジャガーカーズの特別車両部門の「SVO」が開発を担当。ジャガーカーズはすでにフォーミュラEに参戦しており、そのノウハウが生かされる見込み。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • テスラ モデルS に760馬力の「P100D」…EVツーリングカーレースに起用 画像 テスラ モデルS に760馬力の「P100D」…EVツーリングカーレースに起用
  • 【ペブルビーチ2017】1940年代のレーサーをEVで再現したら…インフィニティ プロトタイプ9 画像 【ペブルビーチ2017】1940年代のレーサーをEVで再現したら…インフィニティ プロトタイプ9
  • ポルシェ初の市販EV、ミッションE …ルマンレーサーの技術応用 画像 ポルシェ初の市販EV、ミッションE …ルマンレーサーの技術応用
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース