【日産 リーフ 新型】プロパイロット パーキング、ルネサスのSoC「R-Car」など採用

自動車 テクノロジー ITS

ルネサスのSoCとMCUが新型リーフの自動駐車機能に採用
  • ルネサスのSoCとMCUが新型リーフの自動駐車機能に採用
  • 日産リーフ新型
ルネサス エレクトロニクスは、日産の新型『リーフ』に搭載される自動駐車機能「プロパイロット パーキング」に、車載情報・ADAS用SoC「R-Car」と車載制御用マイコン「RH850」が採用されたと発表した。

リーフのプロパイロット パーキングに採用されたR-Carは、駐車できる空間を認識して障害物がないかを確認し、アクセルやブレーキ、ハンドルやシフトに制御の指令を出す役割を担う。R-Carは、画像認識処理に特化したルネサス独自の並列イメージプロセッサ(IMP)を搭載し、車載用の最新デジタルCMOSカメラからの高解像度な画像を高速かつ低消費電力で信号処理ができる。

R-Carからの車体制御の指令を受け取った車載制御用マイコンのRH850は、各ECUにその指令を伝達。これらの情報をもとにして、リーフのプロパイロット パーキングは目標とする駐車スペースへの安全・正確な駐車を行う。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集