【フランクフルトモーターショー2017】スマート、未来の フォーツー 発表へ…カーシェア向け自動運転EV

自動車 ニューモデル モーターショー

スマート ビジョン EQ フォーツー
  • スマート ビジョン EQ フォーツー
  • スマート ビジョン EQ フォーツー
  • スマート ビジョン EQ フォーツー
  • スマート ビジョン EQ フォーツー
  • スマート ビジョン EQ フォーツー
  • スマート ビジョン EQ フォーツー
メルセデスベンツ傘下のスマートは8月30日、『ビジョンEQフォーツー』の概要を明らかにした。実車は9月12日、ドイツで開幕するフランクフルトモーターショー2017で初公開される。

ビジョンEQフォーツーは、未来の『フォーツー』の方向性を示唆したコンセプトカー。スマートを擁するメルセデスベンツは現在、コネクテッド、オートノマス(自動化)、シェア、エレクトリックを4つの柱に掲げる企業戦略「CASE」を推進中。ビジョンEQフォーツーはCASEの4つの柱を、初めて包括的に具現化するモデルとなる。

CASEの4つの柱の中で、ビジョンEQフォーツーはとくにシェアを重視。将来のカーシェアリングに最適な1台を提案する。世界中で260万人以上が利用しているダイムラーのカーシェアリングサービス、「car2go」のノウハウを導入。ビジョンEQフォーツーの全長2699mm、全幅1720mm、全高1535mmのボディサイズは、都市部におけるカーシェアリングで、高い取り回し性を発揮する設計。

また、ビジョンEQフォーツーは、自動運転のEVでもある。ユーザーは次の利用可能な車を探す必要はない。自動運転車が乗客を見つけ、指定された場所から直接、乗客を乗せる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集