カレコカーシェアリング、新型 スイフト を導入…安全装備充実

自動車 ビジネス 国内マーケット

三井不動産リアルティは、同社が運営する「カレコ・カーシェアリングクラブ」の代官山駅前第1ステーションに、スズキの新型『スイフト』を8月24日から導入すると発表した。

カレコ・カーシェアリングクラブでは、会員に安全で快適なカーライフを提供するため、自動ブレーキシステムやバックモニターなど、運転支援システムを搭載したクルマを積極的に導入している。その一環として今回、先進的な安全運転支援機能を数多く搭載した新型スイフトの導入を決定した。

新型スイフトの「デュアルセンサーブレーキサポート」は、2種類のセンサーでクルマや歩行者を検知し、衝突しそうになると警報と自動ブレーキが作動。また「誤発進抑制機能」は、アクセルとブレーキの踏み間違いなどによって起こる事故の回避に貢献する。新型スイフトはその他にも、多数の安全運転支援機能を搭載し、高齢者や運転が苦手な人でも安心して利用できるコンパクトカーとなっている。

利用料金は6時間パック3800円、12時間パック5300円、24時間パック6800円など。

スズキは8月1日、ドイツで9月に開催される…
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集