世界初、ブルーボトルコーヒー自動販売機…東京渋谷の駐車場に登場

Blue Bottle Coffee Quick Stand
  • Blue Bottle Coffee Quick Stand
  • コールドブリュー缶
  • 三井のリパーク 渋谷1丁目第9駐車場

三井不動産リアルティは、運営する時間貸駐車場「三井のリパーク」渋谷1丁目第9駐車場に、「ブルーボトルコーヒー」専用のキャッシュレス自販機を設置した。自販機での販売は、同ブランド初の取り組みとなる。

ブルーボトルコーヒーは、2002年に米国サンフランシスコで誕生したコーヒーブランド。「サードウェーブコーヒー」の代名詞的存在として2015年2月に日本に上陸して以来、現在では国内に18店舗を展開するなど、高い人気を誇っている。

自宅でコーヒーを楽しむ人も増える中、ブルーボトルコーヒーの店舗がない渋谷駅周辺エリアや店舗営業時間外でも、高品質なスペシャルティコーヒーを楽しんでもらえればというブルーボトルコーヒージャパンの思いから、今回、三井のリパーク駐車場内に専用自販機「Blue Bottle Coffee Quick Stand」を設置することになった。

商品価格はコールドブリュー缶(シングルオリジン/ブライト/ボールド・各236ml)各640円、夏季限定商品:インスタントコーヒー(20g・4gスティック×5本/箱)1620円、ブレンドコーヒー豆 ベラ・ドノヴァン(200g)1620円、ブルーボトル エコカップ1980円など。

三井不動産リアルティは、運営する時間貸駐車場の空きスペースの有効活用として、これまでも飲料などの自動販売機を設置してきた。今後も、全国1万7000か所以上の駐車場を運営する強みを活かして、付加価値のある駐車場づくりを進めていく。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース