【リコール】テスラ モデルS/X、駐車ブレーキが解除できなくなるおそれ

自動車 テクノロジー 安全
テスラ・モデルS
  • テスラ・モデルS
  • 改善箇所
テスラモーターズジャパンは7月21日、テスラ『モデルX』『モデルS』の駐車ブレーキキャリパーに不具合があるとして、国土交通省にリコールを届け出た。対象となるのは、2016年4月11日から2017年4月27日に輸入された184台。

電動駐車ブレーキにおいて、駐車ブレーキキャリパーの製造が不適切なため、キャリパー内のギヤの強度が不足しているものがある。そのため、モーターの作動力により、ギヤが破損し、最悪の場合、駐車ブレーキの解除ができなくなるおそれがある。

改善措置として、リア左右駐車ブレーキキャリパーを良品に交換する。

不具合および事故は起きていない。本国メーカーからの情報により届け出た。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • 米テスラ、新型EV モデル3 納車開始に備え、アフターサービスを大幅拡充 画像 米テスラ、新型EV モデル3 納車開始に備え、アフターサービスを大幅拡充
  • 【夏休み】テスラ モデルX、伊丹空港でポップアップストアを開催 画像 【夏休み】テスラ モデルX、伊丹空港でポップアップストアを開催
  • テスラのライバル、1000馬力のEV ルーシッド…最高速378km/hを記録 画像 テスラのライバル、1000馬力のEV ルーシッド…最高速378km/hを記録
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース