【リコール】三菱 ek /日産 デイズ、257台にエンジン焼き付きのおそれ

自動車 テクノロジー 安全

三菱 eKワゴン(2017年)
  • 三菱 eKワゴン(2017年)
  • 改善箇所
三菱自動車は6月15日、『eK』などのエンジン シリンダーブロックに不具合があるとして国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、三菱『eK』と日産『デイズ』の2車種で2017年5月23日から6月1日に製造された257台。

シリンダーブロック鋳造型の中子がずれたまま鋳造されたため、オイル通路が完全に貫通していないものがある。そのため、オイル供給不足によりクランクシャフトのジャーナルメタルが焼き付き、異音が発生し、最悪の場合、エンジンが焼き付くおそれがある。

改善措置として、全車両、シリンダーブロックの製造ロットを確認のうえ、該当するものは、オイル通路の貫通状態を確認し、未貫通または一部閉塞している場合はエンジンを良品と交換する。

不具合および事故は起きていない。社内情報により発見した。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集