【アウディ Q2 試乗】いい意味でもそうでない意味でも“カジュアルなアウディ”…島崎七生人

試乗記 輸入車

アウディ Q2 1stエディション
  • アウディ Q2 1stエディション
  • アウディ Q2 1stエディション
  • アウディ Q2 1stエディション
  • アウディ Q2 1stエディション
  • アウディ Q2 1stエディション
  • アウディ Q2 1stエディション
  • アウディ Q2 1stエディション
  • アウディ Q2 1stエディション
3代目『100(C3型)』以降のルーフ付き車ではおそらく初の、リヤクォーターウインドまでつながったアーチ状のサイドウインドを持たないアウディ。個人的にはソコが新鮮だ。

ショルダーの途中を削いだデザイン、ポリゴン(多角形)グリルなどデザイン全体が新しい。それが今後の同社のSUV系の方針なのか、アウディ全車の変革を意味するのかは不明だ。が、いい意味でもそうでない意味でも、見るからに軽くカジュアルな雰囲気は、たとえば『A1』以上に肩の力が抜けてみえる。実はまだ郊外の緑の中でしか眺めていないが、都会の景色の中でこのスタイルがどう見えるのか?は興味深い。ちなみに全高は1520mmに設定されている。

一方でインテリアは手堅くコンサバティブ。丸いエアベントが並ぶインパネ始め、ここ最近のアウディの文法どおりのデザインと質感で仕上げられている。

ほぉ!と思わせられたのは後席の広さだ。やや高目のサイドシルをまたぎシートに座ると、ややアップライトの行儀のいい着座姿勢になったうえで、足元、頭上にタップリとした空間を残す。外観はコンパクトだが室内は広い。ラゲッジスペースも標準のフロアボードの下に「もうひとつトランクがある」と言えるほどの深さも十分な空間が用意されている。

走りは言葉で表現すると“爽やか”な印象。短時間の試乗につき断定はしかねるものの、他のアウディ車のような、しっとりとしたスムースさをあえて薄味にした味付けにも感じた。たとえるなら、VWのようなニュートラルな道具感に終始する…乗り味もステアリングフィールも、そんな風に思えた。クルマが主役ではなく、あくまでオーナーがどう使うか、乗りこなして楽しむかに重点を置いた、そんなクルマかも知れない。

1340kgの車体に対し1.4リットルターボ(150ps/25.5kgm)+7速Sトロニックの性能は十分で、走行モードを切り替えれば、“DYNAMIC”ならステアリングの手応えが増し、より反応のいいエンジンフィールが楽しめたりと、走らせかたと気分の切り替えもできる。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。
《島崎七生人》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集