【ボルボ V90/S90 R-デザイン 試乗】絶妙な乗り心地とハンドリング…諸星陽一

試乗記 輸入車

ボルボ V90 R-デザイン
  • ボルボ V90 R-デザイン
  • ボルボ V90 R-デザイン
  • ボルボ V90 R-デザイン
  • ボルボ S90 R-デザイン
  • ボルボ S90 R-デザイン
  • ボルボ S90 R-デザイン
  • ボルボ S90 R-デザイン
  • ボルボ S90 R-デザイン
ボルボの『S90/V90』シリーズには、スポーティモデルとなる「T6 R-デザイン」が用意されている。搭載されるエンジンは「T6 インスクリプション」と同じだが、足回りを固めるなどのチューニングが施されている。

エンジンは4気筒2リットルターボ+スーパーチャージャーで、最高出力は320馬力、最大トルクは400Nm。1リットルあたりの出力はなんと160馬力。ランボルギーニ・アヴェンタドールが6.5リットルで750馬力、つまり1リットルあたり115馬力といえば、このエンジンのすごさがわかるだろう。

組み合わされるミッションは8速のATで、R-デザインのみステアリングのパドルシフトを装備する。エンジンのフィーリングはT6 インスクリプション同様にパワフルで、低回転からしっかりとトルクを発生し、扱いやすくて速いというボルボらしい特性となっている。

エンジンのパワフルさは申し分なし。アクセルペダルをグイッと踏み込めば、低回転から盛り上がるトルクによって、グイグイ加速していく。駆動方式が4WDであることも手伝って、よどみなく力強い加速を味わえる。

T6 R-デザインはT6 インスクリプションと比べて50%の減衰力アップを施したショックアブソーバーとそれにマッチングをはかったスプリングが組み合わされる(どちらかと言えばスプリングにショックアブソーバーをマッチングさせたというほうが正しい)のが最大の特徴。フロントサスはコンベンショナルな金属製コイルスプリングだが、リヤサスは複合素材を用いたリーフスプリングが採用されている。

このリーフスプリングがじつに絶妙な乗り心地とハンドリングを実現している。V90、S90のリーフスプリングは横方向に配置されるもので、トラックのように数枚を組み合わせるのではなく1枚のみ。それも金属ではなく複合素材を使っている。リーフスプリングは動き始めが柔らかく、次第に硬くなるという特性を持っている。クルマの動きもまさにそのとおりで、低速時はスッキリとサスペンションが動き乗り心地を確保。動きが速くなると、座りのいい乗り心地となりハンドリングを確保している。

じつはT6 インスクリプションでは乗り心地に不満が残ったのだが、サスペンションを引き締めたR-ラインデザインのほうが好印象だった。装着されるピレリPゼロとの相性がいいのか? はたまたタイヤが進化したのか? 細かいことは不明なのだが明らかにいい。全体的にこなれた印象で、まとまっているイメージ。もちろん固められたサスはコーナリングのフィーリングもよく、ステアリング操作に対するクルマの動きは正確なもの。

T6 インスクリプションとR-デザインの価格を比べてみると、セダンのSで93万円、エステートのV90では30万円もリーズナブル。もちろん装備の差はあるのだが、R-デザインでも必要なものはすべて装備されている。価格差を考えるとR-デザインはかなりお買い得モデルという印象が強い。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性(V90):★★★★★
インテリア/居住性(S90):★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

諸星陽一|モータージャーナリスト
自動車雑誌の編集部員を経て、23歳でフリーランスのジャーナリストとなる。20歳代後半からは、富士フレッシュマンレースなどに7年間参戦。サーキットでは写真撮影も行う、フォトジャーナリストとして活動中。趣味は料理。
《諸星陽一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集