「5G」第5世代移動通信システムの実証実験開始へ---トラックの隊列走行や遠隔操作、建機も

自動車 テクノロジー ネット

トラックの隊列走行(参考画像)
  • トラックの隊列走行(参考画像)
  • 建機の遠隔操作(参考画像)
総務省は、第5世代移動通信システム(5G)実現による新市場創出に向けて、様々な利活用分野の関係者が参加する5Gの総合的な実証試験を開始する。

5Gは「超高速」、「多数接続」、「超低遅延」といった特徴を持つ次世代の移動通信システムで、本格的なIoT時代のICT基盤として、早期実現が期待されている。

総務省では、5Gの実現に向け、要素技術を確立するための研究開発の推進、国際的な標準化活動を進める観点からの国際連携強化、5G用に割り当てる周波数の確保に取り組んでいる。今年度から5Gの実現による新市場創出に向けて、様々な利活用分野の関係者が参加する5Gの総合的な実証試験を開始する。

実証試験では、ソフトバンクが先進モビリティ、SBドライブとともに、トラックの隊列走行、車両の遠隔監視・遠隔操作に関する実証を山口県で実施し、無線区間の低遅延通信を実証する。

KDDIは大林組、NECとともに建機の遠隔操作など、移動体とのリアルタイムな情報伝送を埼玉県で実施する。

NTTコミュニケーションズは東武鉄道、インフォシティと、高速で移動するバスや鉄道に対する高精細映像配信を実証する。静岡県と東武スカイツリーラインの日光線沿線で実施する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集