すべてのカテゴリーに新機種の可能性…英トライアンフ執行役員談

モーターサイクル 企業動向

トライアンフ東京にて開催されたグランドオープニングセレモニー。左からアジアパシフィック責任者 マルセロ・シルバ氏、代表取締役ニック・ブロアー氏、トライアンフ東京を運営するSonic Motors代表取締役 岩瀬利基氏、執行役員ポール・ストラウド氏、そしてトライアンフモーターサイクルズジャパンの野田一夫 代表取締役社長。
  • トライアンフ東京にて開催されたグランドオープニングセレモニー。左からアジアパシフィック責任者 マルセロ・シルバ氏、代表取締役ニック・ブロアー氏、トライアンフ東京を運営するSonic Motors代表取締役 岩瀬利基氏、執行役員ポール・ストラウド氏、そしてトライアンフモーターサイクルズジャパンの野田一夫 代表取締役社長。
  • トライアンフ英国本社より来日したポール・ストラウド執行役員。
  • トライアンフ英国本社より来日したポール・ストラウド執行役員。
  • トライアンフ東京にて開催された記者会見にて。
  • トライアンフ英国本社より来日したポール・ストラウド執行役員。
  • トライアンフ英国本社より来日したポール・ストラウド執行役員。
  • トライアンフ英国本社より来日したポール・ストラウド執行役員。
  • トライアンフ英国本社より来日したポール・ストラウド執行役員。
トライアンフモーターサイクルズ ジャパンが5月11日に開催した『トライアンフ東京』のグランドオープニングセレモニー。英国本社からポール・ストラウド執行役員が来日し、近年のビジネスの成功について言及した。

「まず申し上げたいのは、トライアンフはいまとても成功しているということです。バイク市場が世界的に低迷するなか、継続的に安定的に成長していることを嬉しく思っています」

「我々は驚くべきことに、昨年1年間に14もの新しいモデルを提供しました。これは圧倒的に多い数字であり、これが我々の成長の柱であります」

「この成功は、デザイン、技術レベル、エンジニアのキャパシティが飛躍的に向上したことだけではなく、ライダーの皆さまに素晴らしいものをお届けしようという熱意と自信によって達成されたものです」

「バイク業界、そしてお客様からも称賛をいただき、直近12ヶ月だけでも40もの賞をいただきました。アイコニックなブランドを正しい位置に持ち上げられたと考えていますし、より多くの国に、より多くのバイクをお届けするいま、ブランドの新しいヒストリーが始まっています。そして私個人の意見ですが、トライアンフの新しい黄金期の幕明けに立ち会っているのだと感じています」

「過去12ヶ月において日本は、驚くべきことに51%の伸長を見せています。我々はこの素晴らしい結果をもたらした日本の正規販売店とトライアンフジャパンに敬意を表したいです」

「この10年間で我々は1.6倍もの成長を果たしました。500cc以上の世界的なマーケットが40%も減少するなかでの達成ですから、素晴らしいものだと考えています」

「さらに今後も素晴らしいニューモデルが登場します。すべてのカテゴリーにおいて、我々の計画がびっしりと詰まっています」

記者の「排気量400cc以下のモデルの予定は?」の問いかけに対しては「すべてのカテゴリーにニューモデルの可能性があるということだけ言っておきます」との答えであった。
《青木タカオ》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集