【ウェルフェア2017】ホンダ、フリード+ 車いす仕様車などを出展予定

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

ホンダ フリード+ 車いす仕様車
  • ホンダ フリード+ 車いす仕様車
  • ホンダ N-BOX+ 車いす仕様車
  • ホンダ N-WGN 助手席回転シート車
  • ホンダ歩行アシスト
ホンダは、5月18日から20日までの3日間、ポートメッセなごやで開催される総合福祉展「ウェルフェア2017」に出展する。

ホンダは「Fun for Everyone. Honda~移動の喜びを一人ひとりに~」をテーマとして、『フリード+』の車いす仕様車をはじめとする各種福祉車両や「ホンダ歩行アシスト」などの福祉機器を展示する。

フリード+ 車いす仕様車は、広い室内空間を活かし、車いす利用者も含めて最大6名の乗車が可能。用途に応じて思い通りに使えるコンパクトミニバン フリードシリーズならではの使い勝手の良い福祉車両だ。『ステップ ワゴン』の車いす仕様車は、左右独立して床下格納できる「マジックシート」の採用により、3列目の乗員も左右の視界が遮られることなく外の眺めが楽しめる。そのほか、軽乗用車『N-BOX+』の車いす仕様車や、『N-WGN』の助手席回転シート車など、豊富なラインアップの福祉車両を展示する。

また、加齢や疾病などにより歩行能力が低下した人のリハビリ補助を目的とした機器 ホンダ歩行アシストや、障がい者の自動車運転再開に向けた能力評価サポートなどを目的として、全国の病院などで活用されている簡易型四輪ドライビングシミュレーター「ホンダ セーフティナビ」を体験できるコーナーを設置する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集