ヤマハ、電動アシスト自転車 PASシオン 2017年モデルを発売…バッテリー容量アップなど

自動車 ニューモデル モビリティ

ヤマハ発動機 PASシオンU
  • ヤマハ発動機 PASシオンU
  • ヤマハ発動機 PASシオンV
  • ヤマハ発動機 PASシオンU
  • ヤマハ発動機 PASシオンU
  • ヤマハ発動機 PASシオンU
  • ヤマハ発動機 PASシオンU
  • ヤマハ発動機 PASシオンU
  • ヤマハ発動機 PASシオンU
ヤマハ発動機は、誰でも扱いやすく快適に使える機能が充実したコンパクトな電動アシスト自転車『PASシオン』2017年モデル 2機種を6月13日より発売する。

PASシオンシリーズは、シンプルで使いやすい機能と、乗り降りしやすい専用設計の低床フレームを採用し、実用性とデザインを両立させたコンパクトモデル。「PASシオン U」は、パスシリーズ中で最も低いサドル高を実現し、足つき性がよくまたぎやすい低床U型フレームが特長の20型モデル、「PASシオンV」は、直線的でシャープな印象のV型低床フレームを採用した24型モデルだ。

2017年モデルでは、新開発の大型液晶ディスプレイに、バッテリー残量などを見やすく表示する「液晶かんたんスイッチ」を搭載。走行モード切替ボタンも、わかりやすく操作しやすいデザインで、選択した走行モードを液晶画面に表示する。走行モードは「強」と「弱」のシンプルな2モード。スイッチの照度センサーが明るさを感知し、自動でライトが点灯するオートライト機能、夜間の視認性に優れる液晶ディスプレイとボタンのバックライトも装備する。

また、バッテリーケースの大きさはそのままに、8.7Ahから12.3Ahに大容量化したリチウムイオンバッテリーを新採用し、走行距離を伸長。付属の充電器を使えば約3.5時間で充電できる。

価格はPASシオン Uが12万0960円、PASシオンVが12万2040円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集