パナソニック、同社初の車載電池セル中国生産拠点を大連に開所

自動車 ビジネス 海外マーケット

中国 大連の車載用リチウムイオン電池新工場
  • 中国 大連の車載用リチウムイオン電池新工場
パナソニック オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社は、中国大連市に建設を進めていた車載用リチウムイオン電池の新工場が竣工し、4月27日に開所式を行った。

近年、環境意識の高まりを背景に、ハイブリッド自動車、プラグインハイブリッド車、電気自動車など環境対応車の市場が拡大。複数の自動車メーカーに車載用リチウムイオン電池を供給するパナソニックは、国内生産拠点での増産に加えて、2017年からは米国での車載電池セル生産も開始する。

大連新工場は、中国における同社初の車載電池セルの生産拠点。2016年2月に大連遼無二電器と設立した車載電池製造合弁会社の新工場となる。パナソニックは日本・米国・中国での生産体制を構築することで、車載電池のグローバル競争力を強化していく。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集