ホンダ CBR250RR 新型を発売…エンジン、フレームを刷新

モーターサイクル 新型車

ホンダ CBR250RR<ABS>(ヴィクトリーレッド)
  • ホンダ CBR250RR<ABS>(ヴィクトリーレッド)
  • ホンダ CBR250RR<ABS>(マットガンパウダーブラックメタリック)
  • ホンダ CBR250RR<ABS>(ヴィクトリーレッド)
  • ホンダ CBR250RR<ABS>(マットガンパウダーブラックメタリック)
  • ホンダ CBR250RR<ABS>(ソードシルバーメタリック)
  • ホンダ CBR250RR(ヴィクトリーレッド)
  • ホンダ CBR250RR(マットガンパウダーブラックメタリック)
  • ホンダ CBR250RR(ソードシルバーメタリック)
ホンダは、新型軽二輪スーパースポーツ『CBR250RR』を5月12日に発売すると発表した。

新型CBR250RRは、「直感、体感、新世代“RR"」を開発コンセプトに、スタイリングデザイン、車体、パワーユニットのすべてを新設計した。

新開発の水冷4ストロークDOHC直列2気筒250ccエンジンは、クランクシャフト、コンロッド、バランサーシャフトの各軸受にメタルベアリングを採用するとともに、カムチェーン張力を安定させるダブルピボットテンショナーを備え、ショートストローク化による高回転時の耐久性と静粛性を両立をめざした。

またダウンドラフト式吸気レイアウト、大径の吸排気バルブとスロットルボアの採用などで高出力化を図るとともに、低中回転域に配慮したバルブタイミングを設定した。最高出力は38ps、最大トルク23Nmを発生する。

また、250ccクラス初となる「スロットル・バイ・ワイヤシステム」を採用。スロットル操作に対して、より緻密なスロットルバルブの制御を図ることで、上質で安定感のある加速フィーリングを意図した。

車体は、剛性としなやかさとの両立を目的に鋼管トラス構造フレームを新設計。各部を構成するパイプの径、肉厚、材質や接合位置を最適化することで、耐久性、剛性バランス、振動特性、軽さなど、フレームボディに求められる性能をバランスさせた。

足回りはフロントに倒立タイプのサスペンションを、リアには左右非対称形状のアルミ製スイングアームと5段階プリロード調整が可能なプロリンクサスペンションを組み合わせ、路面追従性を追求している。

スタイリングは、低く構えたフロント周りから後方に向けて高く跳ね上がる先鋭的なデザインで、力強さと速さを直感させる独自の存在感を表現。また、フューエルタンク後端部からシートへ繋がる部位の幅を大きく絞ることで、足つき性の良さと取り回しやすさにも配慮している。灯火器類は、独特な存在感のあるデュアルヘッドライトをはじめ、ウインカー、テールランプなどすべてに高輝度LEDを採用し、先進性を演出している。

カラーバリエーションはマットブラック、シルバー、レッドの3色を用意。価格はCBR250RRが75万6000円、ABS付モデルが82万8360円。レッドは各2万1600円高。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集