JR東日本のターミナル駅、Googleストリートビューで公開…新宿ダンジョンもOK?

鉄道 企業動向

Googleストリートビューによる東京駅在来線ホームの様子。『踊り子』『サンライズ』など特急列車の停車位置案内板が確認できる。
  • Googleストリートビューによる東京駅在来線ホームの様子。『踊り子』『サンライズ』など特急列車の停車位置案内板が確認できる。
  • 東京駅の京葉線連絡通路も無人の状態で見ることができる。
  • 新宿駅の改札内コンコース。
インターネットサービス「Google(グーグル)ストリートビュー」で4月12日、東京駅(東京都千代田区)と新宿駅(新宿区)の構内画像が公開された。両駅のホームやコンコースなどを見ることができる。

Googleストリートビューは、検索サイト「Google」が提供するインターネットサービス。街や観光地などを360度のパノラマ映像で見ることができる。Googleの地図サービス「Googleマップ」や、空中写真サービス「Google Earth(グーグルアース)」などで利用できる。

JR東日本の発表によると、4月12日に公開されたのは、東京駅と新宿駅の構内にあるホームとコンコースの映像。今後も首都圏の主なターミナル駅を順次撮影し、公開する予定という。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集