子育て夫婦、4割がミニバンを所有…ホンダアクセス調べ

自動車 ビジネス 国内マーケット

ホンダ・ステップワゴン
  • ホンダ・ステップワゴン
  • 自家用車のタイプ
  • ライフスタイル別 自家用車のタイプ
  • 自家用車のこだわりポイント・好きなポイント
  • 家族のお出かけに最もよく使っているクルマのカスタマイズ状況
  • やっているカスタマイズ・やってみたいカスタマイズ
ホンダアクセスは3月23日、自家用車を保有している既婚ドライバーを対象とした「夫婦のライフスタイルとカーライフに関する調査2017」の結果を発表した。

調査は2月21日~2月22日の2日間、インターネットリサーチにて実施、自家用車を保有している30歳~69歳の既婚ドライバー1000名の有効サンプルを集計した。

調査結果によると、所有する自家用車のタイプは「軽自動車」24.6%と「ミニバン」24.4%、「コンパクト」24.2%がほぼ同率で並び、「セダン」が12.8%、「SUV」が5.7%で続いた。世代別のトップは30代と40代が「ミニバン」(30代33.6%、40代33.2%)、50代は「軽自動車」(26.0%)、60代は「コンパクト」(29.6%)。ライフスタイル別にみると、子育て夫婦(末子が高校生以下の男女)では「ミニバン」が最も高く38.8%、また、アウトドア夫婦でも「ミニバン」が最も高く29.1%となった。

自家用車について、こだわったポイント・好きなポイントを聞いたところ、「運転のしやすさ」が最も多く44.7%、次いで「燃費・環境性能」が35.1%、「室内の広さ」が27.3%で続いた。タイプ別にみると「軽自動車」や「コンパクト」、「セダン」、「SUV」では「運転のしやすさ」(軽自動車52.4%、コンパクト 44.6%、セダン 42.2%、SUV42.1%)が最も高く、「コンパクト」では「燃費・環境性能」も同率(44.6%)で最も高くなった。「ミニバン」では「室内の広さ」が 43.9%で最も高く、「ワゴン」では「燃費・環境性能」と「荷室の広さ」がいずれも 43.4%で最も高くなった。

また、家族のお出かけによく使っているクルマのカスタマイズ状況を聞いたところ、「カスタマイズしている」が12.8%、「現在のクルマはしていないが、次のクルマでしたい」が13.9%だった。現在やっているカスタマイズ・やってみたいカスタマイズについては1位が「ホイール交換」41.6%、2位は「エアロパーツ」38.6%、3位は「ドライブレコーダー」33.3%、4位「カメラ(バック・サイド・フロント)」28.8%、5位「タイヤのインチアップ」27.0%。足廻りや外装・エクステリアのカスタマイズ、安全装備のカスタマイズが人気のようだ。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集