【大阪モーターサイクルショー2017】アドベンチャースピリットあふれるホンダ X-ADV

モーターサイクル エンタメ・イベント

大阪モーターサイクルショーに展示されたHonda X-ADV。
  • 大阪モーターサイクルショーに展示されたHonda X-ADV。
  • 大阪モーターサイクルショーに展示されたHonda X-ADV。
  • 大阪モーターサイクルショーに展示されたHonda X-ADV。
  • 大阪モーターサイクルショーに展示されたHonda X-ADV。
  • 大阪モーターサイクルショーに展示されたHonda X-ADV。
  • 大阪モーターサイクルショーに展示されたHonda X-ADV。
  • 大阪モーターサイクルショーに展示されたHonda X-ADV。
  • 大阪モーターサイクルショーに展示されたHonda X-ADV。
ホンダブースで異彩を放っていたのは『X-ADV』(参考出品、市販予定車)だ。昨秋のEICMA2016(イタリア・ミラノショー)で初披露したニューモデルで、エンジンはNC750系の水冷SOHC4バルブ直列2気筒745cc。

マニュアルトランスミッションの構造をそのままに、クラッチとシフト操作を自動化した「DCT(デュアル・クラッチ・トランスミッション)」が組み込まれ、イージーライディングが楽しめる。

ストロークの長い41mmカートリッジ式倒立フォークやリアサスペンション、U字断面のアルミ製スイングアームが与えられている足まわりは、ワイヤースポーク式のホイールがセットされ、フロント17、リア15インチのサイズ。

メーターまわりもラリーマシンのような雰囲気で、ハンドルはテーパーアルミバー。「アドベンチャースクーター」とでも言おうか、少しくらいならダートも行けますよっていうムードが面白い。公式プロモーションビデオでもオフロードを元気よく走っているから、実際のダートライディングがいまから楽しみだ。

ヘッドライトをはじめとした灯火類はLED式で、エッジの効いたスタイルといいすべてが近未来的。ウインドスクリーンは5段階で調整可能で、高速道路のクルージングも快適なはず。

広いメットインスペースがシート下にあり、スクータースタイルならではの利便性も魅力。このチャレンジングな1台。国内発売も間近なようだ。
《青木タカオ》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集