【カローラ 50周年】お祝い花冠パレードが初代誕生の地からスタート

自動車 ビジネス 国内マーケット

パレードの先頭を走る初代カローラ
  • パレードの先頭を走る初代カローラ
  • 会場にズラリと並んだ歴代カローラ
  • 「カローラ花冠パレード」出発式のセレモニー
  • 「カローラ花冠パレード」出発式のセレモニー
  • 「カローラ花冠パレード」出発式のセレモニー
  • 歴代のカローラを開発したチーフエンジニア
  • 2代目/3代目カローラを開発した佐々木紫郎氏
  • 6代目/7代目を開発した斎藤明彦氏
日本のファミリーカー、トヨタ『カローラ』。そのカローラが誕生から50周年を迎えた。トヨタ自動車ではこれを記念し、「笑顔の花冠プロジェクト」を実施する。そのメインイベントである「カローラ花冠パレード」の出発式が、3月6日、愛知県豊田市のトヨタ自動車高岡工場で開催された。

カローラの車名は、「花冠」を意味する英語「corolla」からつけられた。これにちなんで開催される「笑顔の花冠プロジェクト」は、日本全国のトヨタカローラ店74社が参加。「カローラ花冠パレード」はリレー方式で花冠をバトンとしてつなぎ、約5カ月もの期間をかけて、日本を一周する。

スタート地点である高岡工場は、カローラだけを生産する専用工場として、初代カローラとともに誕生した。いわばカローラの生誕の地といえるが、現在ではカローラの生産はしていない。国内ではトヨタ自動車東日本宮城大衡工場でカローラが生産されているため、ここをパレードのゴール地点とする。また、このパレードと並行して、日本全国のカローラ店による「オーナーミーティング」、「花にまつわる店舗イベント」も開催される。

日本の国民車ともいえるカローラは1966年に排気量1100ccで発売された。開発当初は1000ccの予定だったが、スポーティ性を追求し排気量を拡大。当時では最新メカニズムであった水冷エンジン、フロアシフトなどの採用もあり、発売と同時に大ヒットを記録した。その後、ワゴン、ハッチバック、クーペなどバリエーションモデルも数多く登場し、1969年から2001年まで33年間、日本国内販売台数1位を記録した。

この一大イベントの出発式は極めて盛大にとり行われた。日本全国のカローラ店の代表が集まり、高岡工場の職員も参加したことで、参加者数は実に1700人。会場には初代から歴代のカローラの実車が並び、セレモニーには歴代のカローラを開発してきたチーフエンジニア5人も集結した。

2代目および3代目カローラの車両主査である佐々木紫郎氏は初代の開発にも関わり、「開発途中で排気量を100cc増やしたが、これは単に1割の性能アップではない。2柄割分、3割分も性能がアップした」と語り、付け加えて、「私がカローラ50周年を祝えるのだから、ここにいる若い皆さんは、これから100周年を目指して欲しい」と激励した。

こうしたセレモニーのあと、1700人の参加者に見守られながら、5台の歴代カローラが出発。全国へと旅だった。今後のパレードのスケジュールはtoyotaのプロジェクトサイトから確認できる。
《山田正昭》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集