【IIHS衝突安全】テスラ モデルS、最高評価を逃す

自動車 テクノロジー 安全
テスラ・モデルS
  • テスラ・モデルS
  • テスラ・モデルS
米国IIHS(道路安全保険協会)は2月上旬、テスラのEV、『モデルS』の2017年モデルの衝突テストの結果を公表した。最高評価を逃している。

IIHSの「トップセーフティピック」を獲得するには、前面衝突、側面衝突、追突想定、スモールオーバーラップ衝突、ロールオーバー(車両転覆)の各耐衝撃性能試験の全てにおいて、最高の「Good」となるのが条件。また、前面衝突予防評価において、「Basic」を獲得することも要求される。

さらに上の「トップセーフティピック+」を受賞するには、トップセーフティピックの耐衝撃性能試験での最高評価とともに、前面衝突予防評価で「アドバンスド」、「スーペリア」のいずれかの獲得が必要になる。また2016年からは、ヘッドライト性能評価が導入され、「Good」、「Acceptable」のいずれかの獲得も必要。

2017年モデルのモデルSの衝突テストは、スモールオーバーラップの「Acceptable」を除いて、すべて「Good」評価。しかし、前面衝突回避システムが用意されず、ヘッドライト性能評価が最低の「Poor」となったのも響いて、総合での最高評価を逃している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース