秋田・男鹿線の「ナマハゲACCUM」3月4日デビュー…車両展示会も開催

鉄道 企業動向

男鹿線に導入される蓄電池電車「ACCUM」。3月4日から1日2往復運行される。
  • 男鹿線に導入される蓄電池電車「ACCUM」。3月4日から1日2往復運行される。
  • 「ACCUM」にはナマハゲをデザインしたヘッドマークが取り付けられる。
JR東日本秋田支社は2月17日、男鹿線に導入するEV-E801系蓄電池電車「ACCUM(アキュム)」の営業運行開始日を3月4日に決めたと発表した。これに先立ち車両展示会を2月25日に行う。

発表によると、「ACCUM」で運行するのは秋田発8時43分・13時39分の男鹿行き下り2本と、男鹿発10時24分・15時38分の秋田行き上り2本。営業運行の開始を記念し、「ACCUM」の車両先頭部には「ナマハゲ」をデザインしたヘッドマークを取り付ける。

運行区間のうち秋田~追分間は奥羽本線の電化区間で、架線から供給される電気でモーターを回すととともに、蓄電池に充電する。非電化区間の男鹿線追分~男鹿間は、蓄電池に充電した電気でモーターを回す。

「ACCUM」の車両展示会は2月25日の12時から14時30分まで、秋田駅の8番線で行われる予定。見学に際しては入場券や乗車券など改札内に入場できる切符が必要になる。このほか、運行初日の3月4日は10時10分から30分まで、男鹿駅のホームで「ACCUM」の出発式が行われる予定だ。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集