【ポルシェ 911ターボ カブリオレ 試乗】スポーツカー、かくあるべし…諸星陽一

試乗記 輸入車

ポルシェ 911ターボ カブリオレ
  • ポルシェ 911ターボ カブリオレ
  • ポルシェ 911ターボ カブリオレ
  • ポルシェ 911ターボ カブリオレ
  • ポルシェ 911ターボ カブリオレ
  • ポルシェ 911ターボ カブリオレ
  • ポルシェ 911ターボ カブリオレ
  • ポルシェ 911ターボカブリオレ
  • ポルシェ 911ターボカブリオレ
ポルシェ『911』の名のクルマが登場してからじつに半世紀以上の時間が経過。現在の911は7代目にあたる。

初代と現在の共通性はRR方式(をベースとした4WDも存在する)であること、水平対向エンジンであることくらいで、さほど大きな共通性はない。が、初代から2代目、3代目とたどっていくとその血統はまぎれもなく911のものであることが確認できる。半世紀にもわたって進化してきた911は、ほかのスポーツカー以上に長い時間を掛けて現在に至っているのだ

まず第一に乗りやすい。リヤにエンジンを搭載するのは911の伝統だが、このターボカブリオレはフロントタイヤにも駆動力を伝達する4WDモデル。普段使いではじつにイージーにドライブすることができる。しかし、ひとたびアクセルを強く踏み込めば、911らしい独特の感覚をもっての爆発的な加速を味わうことができる。

ある意味、この豹変さこそ現代の911の魅力といえる。初期の911は乗りづらい部分もあり、それを許容し、乗り越えてこそ“911乗り”であったのだが、現代の911はそこそこの速度までなら、誰でも乗れるクルマだ。

ハンドリングに関しても同様。昔の911のようにフロントタイヤのグリップが失われるような現象はなく、加速、減速、コーナリングという一連の操作を普通につなげていける。しかし、911がどこまでイケるか? と試そうとするなら、公道での試乗ではまず無理だ。日本の法定速度内では911には何も起きない。ひたすら安定した動きを示す。

だからといって、911がつまらない乗り物というわけではない。アクセル操作に対するエンジンのピックアップのよさ、ステアリングを切った瞬間のクルマの向きの変わり方。コーナリング限界の高さ、なにを取ってもスポーティで気持ちいい。自分の思ったとおりにクルマが動く。しかも試乗車はオープンエアを楽しめるカブリオレ。スポーツカーはかくあるべき…という基本がすべて詰め込まれたモデルが911ターボカブリオレだろう。

ただし価格は2502万円。地方に行けば、新築一軒家が買えてしまう金額。やはり911を楽しめるのは限られた人達ということになる。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★

諸星陽一|モータージャーナリスト
自動車雑誌の編集部員を経て、23歳でフリーランスのジャーナリストとなる。20歳代後半からは、富士フレッシュマンレースなどに7年間参戦。サーキットでは写真撮影も行う、フォトジャーナリストとして活動中。趣味は料理。
《諸星陽一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集