三菱 RVR、フロントデザインを一新…スポーティさを強調

自動車 ニューモデル 新型車
三菱 RVR 改良新型
  • 三菱 RVR 改良新型
  • ダイナミックシールドを採用したフロントマスク
三菱自動車は、コンパクトSUV『RVR』のフロントデザインを一新し、2月9日に発表、16日より販売を開始する。

エクステリアは、乗員とクルマを守る機能を力強く表現したフロントデザインコンセプト「ダイナミックシールド」を採用。中央のブラックフェイスを、バンパーの左右コーナー部とアンダーガードの3方から包み込むようなプロテクト形状とし、より精悍でスポーティなフロントフェイスとした。また、ルーフアンテナをスタイリッシュなシャークフィンタイプに変更した。

インテリアでは、上級グレード「G」のシート生地を変更し、レッドステッチをあしらうことでスポーティ感を演出した。

価格は205万8480円から248万7240円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集