【東京オートサロン2017】スバル、2017年のモータースポーツ体制を発表…ニュルとSUPER GTに注力

自動車 ニューモデル モーターショー
スバル WRX STI 2016モデル
  • スバル WRX STI 2016モデル
  • スバルBRZ GT300 2016モデル
富士重工業(スバル)と同社のモータースポーツ統括会社のスバルテクニカインターナショナル(STI)は1月13日、千葉県の幕張メッセで開幕した「東京オートサロン2017」において、2017年のSUBARU モータースポーツ活動の概要を発表した。

2017年もスバルは、ニュルブルクリンク24時間耐久レースに参戦する予定。『WRX STI』で出場し、SP3Tクラスで3年連続5度目のクラス優勝を目指す。

2017年の参戦車両は、加速性能とトップスピードの向上を図るために、エンジン出力の向上、パドルシフトの採用、トランスミッションの改良を実施。同時にシャシージオメトリーの最適化、剛性バランスの改善、車体の軽量化、慣性モーメントの低減、フロントダウンフォースの向上などによりコーナーリングスピードも上げ、量産車の良さを活かしながら、さらに「速く」かつ「意のままに操る」開発と改良を施している。

ドライバーは、昨年までの2連覇のメンバー、カルロ・ヴァンダム(オランダ)、マルセル・ラッセー(ドイツ)、ティム・シュリック(ドイツ)、山内英輝(日本)の4名体制で臨む。

また、SUPER GTシリーズにも継続参戦。GT300クラスに、昨年に引き続き『BRZ GT300』を投入する。

2017年の参戦車両は、水平対向ボクサーエンジンの熱効率の改善、軽量化、空力性能の向上、慣性モーメントの改良などを実施。チーム総監督はSTIの辰己英治氏が務め、チーム運営は、「R&D SPORT」が担当。ドライバーは、井口卓人選手と山内英輝選手を継続起用する。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • 【ニュル24時間 2016】スバル WRX STI、クラス2連覇を達成 画像 【ニュル24時間 2016】スバル WRX STI、クラス2連覇を達成
  • 【ニュル24時間 2016】トヨタの新型クロスオーバー、C-HR …完走果たす 画像 【ニュル24時間 2016】トヨタの新型クロスオーバー、C-HR …完走果たす
  • 【ニュル24時間2016】最終ラップで劇的な逆転、ブラックファルコンのメルセデスAMGが優勝 画像 【ニュル24時間2016】最終ラップで劇的な逆転、ブラックファルコンのメルセデスAMGが優勝
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース