【東京オートサロン2017】TRD、86 の軽量サーキット仕様を予告…ロングノーズ化

自動車 ニューモデル モーターショー
TRD 14R-60カーボン コンセプトの予告イメージ
  • TRD 14R-60カーボン コンセプトの予告イメージ
TRDブランドを展開するトヨタテクノクラフトは1月13日、千葉県の幕張メッセで開幕する「東京オートサロン2017」において、『14R-60カーボン コンセプト』を初公開する。

同車は、トヨタのFRスポーツカー、『86』をベースにしたコンセプトカー。2016年にトヨタテクノクラフト60周年記念モデルとして、100台を限定で発売した『14R-60』を、さらに進化させたコンセプトモデルとなる。

大きな特徴が、新デザインのフロントノーズ。14R-60開発の基礎となった『86 TRD Griffon Concept』のフロントバンパー形状をそのまま再現することで、フロントノーズを延長した。

また、フロントバンパー、フロントフェンダーをカーボンファイバーにすることで、いっそうの軽量化を実現したサーキットアタックモデルとなる。

なおTRDは、14R-60カーボン コンセプトの予告イメージを1点、配信している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集