KDDIとゼンリンなど、モバイル通信ネットワークを活用したドローン事業で業務提携

航空 テクノロジー
“空の3次元地図”を基にした自律飛行および運航管理イメージ
  • “空の3次元地図”を基にした自律飛行および運航管理イメージ
  • スマートドローンプラットフォーム
KDDIは、プロドローンおよびゼンリンと、モバイル通信ネットワークを活用した安心安全なドローン専用基盤「スマートドローンプラットフォーム」の商用化に向け業務提携すると発表した。なお、KDDIは業務提携と併せて、プロドローンが第三者割当増資により発行する株式を3億円で取得した。

KDDIは、さまざまなモノがインターネットを通じてつながるIoT時代において、ドローンがモバイル通信ネットワークにつながり、さらには3次元の空間情報を基に自律飛行するようになると考えている。今回の業務提携により、「空の3次元地図」の研究開発を推進するゼンリン、安定した高性能な機体を提供するプロドローンとともに、ドローン事業において各社が持つアセットやノウハウを活用。インターネット上の3次元地図、運航管理情報等との連携により自律飛行を実現するスマートドローンプラットフォームの開発を行っていく。

スマートドローンプラットフォームは、ドローン機体、3次元地図、運航管理、クラウドで構成。モバイル通信ネットワークにつながったドローンの自律飛行や衝突回避など飛行ルート管理に加えて、ドローンが取得したビックデータの蓄積・分析が可能なプラットフォーム(基盤)を目指す。今後、スマートドローンプラットフォームを活用し、設備検査や農業支援、災害救助などのソリューションや、撮影サービスなどのコンシューマサービス等を提供し、さまざまな分野でネットワークにつながるドローンが活躍する「スマートドローン構想」を推進していく。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集