【F1】新チャンピオンのニコ・ロズベルグがF1引退を発表…業界に衝撃が走る

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
ニコ・ロズベルグ
  • ニコ・ロズベルグ
  • ニコ・ロズベルグ
  • ニコ・ロズベルグ
  • ニコ・ロズベルグ
  • ニコ・ロズベルグ
  • ニコ・ロズベルグ
  • ニコ・ロズベルグ
  • ニコ・ロズベルグ
2016年のF1ワールドチャンピオンに輝いたニコ・ロズベルグが2日、今季限りでのF1引退を発表。チャンピオン獲得直後ということもあり、業界では衝撃が走っている。

今シーズン、チームメイトのルイス・ハミルトンと激しいタイトル争いを繰り広げ、最終戦アブダビGPでは彼からのプレッシャーにも耐えて2位表彰台を獲得し、参戦11年目にして悲願の初タイトルを獲得したばかりだった。

当初は来年以降もメルセデスからの参戦が決まっていたのだが、年間表彰式に出席したロズベルグは「レースを始めて25年。F1のワールドチャンピオンになるという、たった一つの夢は叶ったよ」と語り、今季限りでF1のシートを降りることを発表。これには世界中の関係者、メディアも事前情報を掴んでいなかった模様だったことと、チャンピオン決定直後ということで、Twitter、Facebookなどでは関係者の驚きの反応が続いている。

ロズベルグは、2006年にウィリアムズからF1デビュー。1982年にチャンピオンを獲得したケケ・ロズベルグの息子で、当初は「F1 2世ドライバー」として注目を浴びていた。2010年にメルセデスへ移籍すると、着実にトップへ近づき2012年の中国GPで待望の初優勝を獲得。2014年からはハミルトンとともに3年続けてチャンピオン争いを繰り広げた。

すでに参戦11年目とベテランの域には達しているが、31歳と比較的若いだけに、さらなる活躍が期待されていたとこでの、突然の引退発表だった。
《吉田 知弘》

編集部おすすめのニュース

特集