【ロサンゼルスモーターショー16】ヒュンダイの プリウス ハンター、アイオニック …今度は自動運転車

自動車 ニューモデル モーターショー
ヒュンダ アイオニック の自動運転コンセプトカー
  • ヒュンダ アイオニック の自動運転コンセプトカー
  • ヒュンダ アイオニック の自動運転コンセプトカー
  • ヒュンダ アイオニック の自動運転コンセプトカー
  • ヒュンダ アイオニック の自動運転コンセプトカー
  • ヒュンダ アイオニック の自動運転コンセプトカー
  • ヒュンダ アイオニック の自動運転コンセプトカー
  • ヒュンダ アイオニック の自動運転コンセプトカー
  • ヒュンダ アイオニック の自動運転コンセプトカー
韓国ヒュンダイモーター(現代自動車。以下、ヒュンダイ)は11月16日、米国で開幕したロサンゼルスモーターショー16において『アイオニック』(IONIQ)の自動運転コンセプトカーを初公開した。

アイオニックは、ヒュンダイの新型環境対応車。2015年1月、韓国でまずハイブリッド車が発表された。トヨタ『プリウス』との競合を狙う。

アイオニックには、3種類の電動パワートレインを設定。通常のハイブリッドだけでなく、プラグインハイブリッド(PHV)、EVも用意される。3月にスイスで開催されたジュネーブモーターショー16では、EVとPHVが初公開。ヒュンダイによると、同一ボディで3種類の電動パワートレインが選択できるのは、アイオニックが世界初という。

今回、ロサンゼルスモーターショー16で初公開されたのが、アイオニックをベースにした自動運転コンセプトカー。「LiDAR」と呼ばれるレーダーシステムは、レーダーをルーフではなく、フロントバンパーに装着。市販車のアイオニックと大きな違いのないスマートな外観を実現した。

この他、3つのカメラやGPSアンテナ、ブライドスポットセンサーなどを追加。これらを、市販版のアイオニックに搭載済みの自動ブレーキ、スマートクルーズコントロール、レーンキーピングアシストなどの安全装備と組み合わせることで、低コストでの自動運転車の実用化を目指す。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集