【サイクルモード16】韓国のセナ、カメラ付き自転車用ヘルメットを参考出品…スピーカーも内蔵

自動車 ニューモデル モビリティ
セナ社の「スマート サイクリング ヘルメット」
  • セナ社の「スマート サイクリング ヘルメット」
  • セナ社の「スマート サイクリング ヘルメット」。左側にはブルートゥースやインターコム機能を操作するボタンがある
  • セナ社の「スマート サイクリング ヘルメット」にはスピーカーも内蔵
バイク用インカムなどを製造している韓国のセナ社は「サイクルモード2016」に多機能な自転車用ヘルメットを参考出品した。その名は「スマート サイクル ヘルメット」で、日本で来年発売するという。

そのキャッチフレーズは「話す、聞く・聴く、撮る、知る。全てができる」だ。ヘルメットの前面にはカメラが内蔵してあり、横にはスピーカーもついている。ブルートゥース仕様で、スマートフォンなどの音楽がそのスピーカーから流れるようになっている。

「もちろんインターコム機能も備わっていて、1.6km離れた人と会話をすることができます。電話も可能です。このような自転車用ヘルメットは世界初の商品だと思います」と同社関係者は説明する。

ヘルメットの右側にはカメラ機能を操作する2つのボタンがあり、左側にはブルートゥースやインターコム機能を操作する3つのボタンがついている。そして、スマホに同社のアプリをインストールすれば、自転車のセンサーから速度やケイデンスなどの情報を見られるようになっている。価格はまだ未定だ。
《山田清志》

編集部おすすめのニュース

特集