コネクテッドプリウスで実現するサービス…トヨタ モビリティサービス・プラットフォーム

自動車 テクノロジー ネット
トヨタ自動車のコネクティッドカンパニー プレジデント 友山茂樹氏
  • トヨタ自動車のコネクティッドカンパニー プレジデント 友山茂樹氏
  • ぽけっとPHVの画面。エアコン制御、充電状態の確認などがスマホでできる
  • コネクテッドカーからの情報で故障予知
  • 車の状態はスマートセンターで監視可能
  • ディーラーに情報を共有すれば、状況がわかりサービススケジュールもすぐに組める
  • センサーの異常個所などを検知できる
トヨタ自動車のコネクティッドカンパニー プレジデント 友山茂樹氏が、1日、同社の「Connected戦略」に関する記者発表が行われた。この中で、次期『プリウス』にサービスを開始する予定というポケットPHVに関する発表も行われた。

ポケットPHVは、DCM(データ通信モジュール)を搭載したプリウスをスマートフォンの専用アプリで、充電状況を確認したりエアコンのリモート制御を可能にしたりするサービスだ。他にも充電スポットの検索なども可能だ。

スマートフォンからの操作や指示は、直接車に飛ばすわけではない。また、モバイル回線からインターネットを経由したサービスプロバイダーのサービスとも違う。ポケットPHVアプリは、トヨタスマートセンターと呼ばれる専用のクラウドプラットフォームにつながり、そこからDCMのモバイル回線を経由して車に指令を送る。この経路はWebやインターネットから直接見えないようになっているので、アカウント情報(パスワードによる認証)だけでインターネットを利用した類似のサービスよりは安全といえるだろう。

トヨタは、ポケットPHVのサービスを新車契約から3年間は無料で利用できるようにするという。4年目からの料金体系は年間12000円(1000円/月)を想定しているという。

トヨタスマートセンターは、DCMを搭載したコネクテッドカーからさまざまな情報を収集することができる。例えばエンジンの状態や自己診断の情報から、故障や異常を走行中にドライバーに通知し、オペレーターに連絡して最寄りのディーラーに修理依頼をしたり、診断データを共有したりすることが可能になる。故障や異常を検知する前でも、バッテリーの消耗や温度変化の部位などから故障予測・予知も不可能ではない。

トヨタは、コネクテッドカーとそのビッグデータを集約するトヨタスマートセンター、その上で各種サービスを実現するサービスプラットフォームを活用することで、ポケットPHVのようなサービス、走行中の危険回避、ロードサービスやメンテナンスの効率化、点検のレコメンドやサービス予約などの顧客サービスの向上につなげていく予定だ。
《中尾真二》

編集部おすすめのニュース

特集