【鈴鹿8耐】決勝前は走りも見られる! 史上最速のNinja H2Rたちを披露

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント
昨年、時速347.54kmを記録したチーム38のカワサキNinja H2R
  • 昨年、時速347.54kmを記録したチーム38のカワサキNinja H2R
  • 昨年、時速347.54kmを記録したチーム38のカワサキNinja H2R
  • 谷田部高速周回路で時速385kmを記録したトリックスターレーシングのH2R
  • 日曜日の午前11時には、カワサキNinja H2Rが4台並ぶ
  • 『Kawasaki 特別展~世界を駆ける“Ninja”~』
  • 『Kawasaki 特別展~世界を駆ける“Ninja”~』
  • 『Kawasaki 特別展~世界を駆ける“Ninja”~』
  • 『Kawasaki 特別展~世界を駆ける“Ninja”~』
今年の鈴鹿8耐は、サーキットの外にもモンスターマシンが佇んでいる。

『Kawasaki 特別展~世界を駆ける“Ninja”~』では、『チーム38』の時速347.54km達成車、さらに谷田部高速周回路で時速385kmを叩き出した『トリックスター』仕様、そして市販版と、3台の『H2R』が並んだ。

「自分たちが作ったバイクの力試しをしたい」と、カワサキの社内有志で結成されたのがチーム38。昨年は米国カリフォルニア州モハーヴェ空港の滑走路で時速347.54kmを記録。1.6kmのストレートをわずか25秒で駆け抜けた。

そして今年8月は、世界中から2輪・4輪の超ド級マシンが集まり速度を競う『ボンネビルスピードウィーク』(米国ユタ州)に参戦。最長8マイル(約12.8km)に及ぶ直線路で、自らの限界に挑むこととなる。

このチーム38のボンネビルスピードウィーク仕様は、なんと日曜日の決勝レース前に世界初公開され、さらにデモランまでも披露。そのまま3台のH2Rとともに午前11時より一般展示される。チーム38の最新版H2Rの走りは、見逃せないパフォーマンスラップとなりそうだ。

また、特別展では1993年の鈴鹿8耐優勝マシン『ZXR-7』や2000年全日本ロードレース・スーパーバイククラスチャンピオン車『ZX-7RR』など貴重なレーシングマシンや、2000年の『ZX-12R』や2004年の初代『ZX-10R』なども展示。多くのバイクファンで賑わっている。
《青木タカオ》

編集部おすすめのニュース

特集