ヒュンダイの主力セダン2車種、米国でリコール…エアバッグに不具合

自動車 ビジネス 海外マーケット
新型ヒュンダイ ソナタ
  • 新型ヒュンダイ ソナタ
  • ヒュンダイ・エラントラ
韓国ヒュンダイモーター(現代自動車。以下、ヒュンダイ)の主力セダン、『ソナタ』と『エラントラ』。両車が米国において、リコール(回収・無償修理)を実施する。

これは、米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)が明らかにしたもの。「ヒュンダイの米国法人、ヒュンダイモーターアメリカから、ソナタとエラントラに関するリコールの届け出を受けた」と発表している。

今回のリコールは、エアバッグの不具合によるもの。NHTSAによると、2ステージ展開式の運転席エアバッグにおいて、セカンドステージでの展開が、正しく行われない可能性があるという。

リコールの対象となるのは、2015‐2016年モデルのソナタ(ハイブリッドを含む)と、2017年モデルのエラントラ。

ヒュンダイモーターアメリカは、対象車を保有する顧客に連絡。販売店において、運転席エアバッグのモジュールを交換するリコール作業を行う。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース