メルセデス GLC に最強の「AMG 43」…367馬力のパフォーマンス[動画]

自動車 ニューモデル モーターショー

メルセデスAMG GLC 43 4MATIC
  • メルセデスAMG GLC 43 4MATIC
ドイツの高級車、メルセデスベンツが3月下旬、ニューヨークモーターショー16でワールドプレミアした『メルセデスAMG GLC 43 4MATIC』。同車の公式映像が、ネット上で公開されている。

同車は、『GLK』後継車として、2015年6月にデビューした新型SUV、『GLC』の高性能なAMG版。最近のメルセデスベンツに「AMG 43」が設定されたのは、『SLK』の大幅改良モデルの『SLC』、新型『Cクラスクーペ』、新型『Cクラス カブリオレ』、新型『Eクラスセダン』に続いて、GLCが5車種目となる。

メルセデスAMG GLC 43 4MATICでは、先行4車と同じく、3.0リットルV型6気筒ツインターボエンジンを搭載。AMGチューンのこのエンジンは、最大出力367hp/5500-6000rpm、最大トルク53kgm/2500-4500rpmを発生する。

トランスミッションは9速の9Gトロニック。駆動方式は4WDの4 MATIC のAMGパフォーマンス仕様。0-100km/h加速4.9秒、最高速250km/h(リミッター作動)の優れた動力性能を実現した。

メルセデスベンツは今回、公式サイトを通じて、メルセデスAMG GLC 43 4MATICの映像を配信。ワインディングロードを中心に、367hpのパフォーマンスを紹介している。


《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集