【ジュネーブモーターショー16】フォード クーガ、初の大幅改良…最新フォード顔に

自動車 ニューモデル 新型車
改良新型 フォード クーガ
  • 改良新型 フォード クーガ
  • 改良新型 フォード クーガ
  • 改良新型 フォード クーガ
  • 改良新型 フォード クーガ
  • 改良新型 フォード クーガ
  • 改良新型 フォード クーガ

米国の自動車大手、フォードモーターは2月19日、スペイン・バルセロナにおいて、改良新型フォード『クーガ』を発表した。ワールドプレミアは3月、スイスで開催されるジュネーブモーターショー16となる。

現行クーガは2012年春、ジュネーブモーターショー12で発表。現行モデルは、フォードの米国主力小型クロスオーバー車、『エスケープ』と兄弟車になった。

その現行クーガが今回、デビュー以来、初の大幅改良を実施。ジュネーブモーターショー16において、ワールドプレミアを果たす。

外観は、フロントをフェイスリフト。グリル、ヘッドライト、バンパーなどのデザインを見直し、上級クロスオーバー車の『エッジ』新型を思わせる最新のフォード顔に変身した。リアは、テールランプやバンパーが新しい。

室内は、ダッシュボード中央に、8インチの大型モニターを用意。パーキングブレーキは、ボタン式に変更した。ステアリングホイールも新デザイン。車載インフォテインメントシステムは、最新の「SYNC3」に進化。アップルの 「CarPlay」と、グーグルの「Android Auto」への対応を図っている。

《森脇稔》

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集