新型 ロードスター、日本自動車殿堂カーオブザイヤーを受賞…マツダ本社で授賞式

自動車 ビジネス 国内マーケット
マツダ ロードスター
  • マツダ ロードスター
  • 2015~2016日本自動車殿堂カーオブザイヤー(授賞式)
  • 2015~2016日本自動車殿堂カーオブザイヤー(授賞式)
  • マツダ ロードスター
  • マツダ ロードスター
マツダは、新型『ロードスター』とその開発グループが「2015~2016日本自動車殿堂カーオブザイヤー」を受賞。11月27日、授賞式がマツダ東京本社で行われた。マツダ車による同賞受賞は、2003~2004の『RX-8』に続いて3回目となる。

日本自動車殿堂は、小口泰平芝浦工業大学名誉学長が会長を務めるNPO法人。各年度の最も優れた乗用車とその開発グループを表彰することを目的に、毎年日本自動車殿堂カーオブザイヤーを選定している。

今回受賞したロードスターは、洗練されたオープンスポーツカーデザインや軽量高剛性ボディによる卓越した走行性能と低燃費、進化した「SKYACTIV技術」などが高く評価された。

授賞式でマツダの小飼雅道社長兼CEOは、「新型ロードスターがこのような名誉ある賞を受賞することができ、我々が目指すクルマづくりが認めてもらえたことを嬉しく思う。今後もユーザーの人生を輝かせることのできるクルマづくりを追求し、選ばれ続けるオンリーワンのブランドになることを目指していく」とコメントした。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集