【全日本MX 最終戦】スズキ、小島庸平がIA1クラス初の年間チャンピオンを獲得

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
小島庸平(スズキ)
  • 小島庸平(スズキ)
全日本モトクロスの第10戦(最終戦)が10月25日、宮城県のスポーツランドSUGOで開催され、小島庸平(スズキ)のIA1クラス初の年間チャンピオン獲得が決定した。

グランプリ格式で行われる同大会には、トレイ・カナード(ホンダ)やクーパー・ウェブ(ヤマハ)、ロマン・フェーヴル(ヤマハ)ら、海外のトップライダーも数多く参戦。多数の観客が詰めかけた。

小島庸平と熱田孝高(スズキ)が僅か5ポイント差のランキング1-2位で迎えた最終戦。注目のIA1クラスは熱田が7-6位の総合6位で逆転タイトルに執念を見せる。その一方で、最高峰クラス初タイトルの重圧を撥ねのけ6-11位の総合9位でまとめた小島が、僅か1ポイント差でランキングトップの座を守りきり、念願の初タイトルを獲得した。

最高峰クラスでのチャンピオン獲得は、スズキにとって2010年に熱田が獲得して以来。5年振りの栄冠を小島がスズキにもたらした。熱田はランキング2位で、スズキが国内最高峰クラスでワンツーを達成したのは、1971年の上野広一、吉村太一以来。実に44年振りの快挙となった。

なお、最終戦の総合優勝は今シーズン、AMAスーパークロスで活躍したトレイ・カナードが獲得した。

■IA1(ヒート1)
1位:クーパー・ウェブ(ヤマハ)
2位:トレイ・カナード(ホンダ)
3位:ロマン・フェーヴル(ヤマハ)
4位:成田亮(ホンダ)
5位:小方誠(ホンダ)
6位:小島庸平(スズキ)

■IA1(ヒート2)
1位:トレイ・カナード(ホンダ)
2位:ロマン・フェーヴル(ヤマハ)
3位:クーパー・ウェブ(ヤマハ)
4位:成田亮(ホンダ)
5位:小方誠(ホンダ)
6位:熱田孝高(スズキ)

■ポイントスタンディング
1位:小島庸平(スズキ)384P
2位:熱田孝高(スズキ)383P
3位:成田亮(ホンダ)376P
4位:小方誠(ホンダ)359P
5位:新井宏彰(カワサキ)346P
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集