【ジャパンカップ15】レヴォーグ などスバル車、大会関係車両として活躍

自動車 ビジネス 国内マーケット
ジャパンカップサイクルロードレースではスバル車が大会関係車両として活躍(2015年10月18日)
  • ジャパンカップサイクルロードレースではスバル車が大会関係車両として活躍(2015年10月18日)
  • ジャパンカップサイクルロードレースではスバル車が大会関係車両として活躍(2015年10月18日)
  • ジャパンカップサイクルロードレースではスバル車が大会関係車両として活躍(2015年10月18日)
  • ジャパンカップサイクルロードレースではスバル車が大会関係車両として活躍(2015年10月18日)
  • ジャパンカップサイクルロードレースではスバル車が大会関係車両として活躍(2015年10月18日)
  • ジャパンカップサイクルロードレースではスバル車が大会関係車両として活躍(2015年10月18日)
  • ジャパンカップサイクルロードレースではスバル車が大会関係車両として活躍(2015年10月18日)
  • ジャパンカップサイクルロードレースではスバル車が大会関係車両として活躍(2015年10月18日)
2015ジャパンカップサイクルロードレースが10月18日に栃木県宇都宮市で開催された。同大会はアジア最大のワンデーレースとして知られ、海外のトップチームも参戦する。

自転車ロードレースを支える存在に"クルマ"がある。各チームの監督が自らハンドルを握るチームカー、中立の立場で選手を助けるニュートラルサポートカー、その他にもオーガナイザーカー、審判カー、ドクターカーなど大会関係車両は数多くある。

ジャパンカップを始め、国内の自転車レースに富士重工業はスバル車を提供している。今年も約50台、レヴォーグなどスバル車が宇都宮に集結した。

各チームに与えられたスバル車は基本グレーで統一されているが、黄色いボディのマヴィックカー、歌舞伎の隈取をイメージした日本ナショナルチームカー、アニメ『弱虫ペダル』のラッピングを施した弱虫ペダルカーといった鮮やかなスバル車の隊列は沿道のファンを喜ばせた。

大会関係車両は選手と同じコースを追走するため、ジャパンカップでは古賀志林道のテクニカルな下りも猛スピードで下る。レース中は加減速も多く、過酷な環境で走行するがスバル車はそれに応えている。

レヴォーグなどスバル車が大会関係車両として活躍…ジャパンカップサイクルロードレース

《五味渕秀行@CycleStyle》

編集部おすすめのニュース

  • 【東京モーターショー15】スバル、次期 インプレッサ のコンセプトを世界初公開 画像 【東京モーターショー15】スバル、次期 インプレッサ のコンセプトを世界初公開
  • 【東京モーターショー15】スバルブランドの未来像コンセプト「ヴィジヴ」が進化 画像 【東京モーターショー15】スバルブランドの未来像コンセプト「ヴィジヴ」が進化
  • 【東京モーターショー15】スバル WRX S4 スポルヴィータ 発表…大人のスポーツセダン 画像 【東京モーターショー15】スバル WRX S4 スポルヴィータ 発表…大人のスポーツセダン
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース