JR東日本、気仙沼線BRTの運行ルート変更…専用道の橋りょうを改築

鉄道 企業動向

気仙沼BRTの専用道内にある陸前港駅。10月5日から一般道に移設される。
  • 気仙沼BRTの専用道内にある陸前港駅。10月5日から一般道に移設される。
  • 気仙沼BRTの専用道内にある蔵内駅。10月5日から一般道に移設される。
  • 今回は陸前港・蔵内両駅を含む専用道の2.9kmが一般道経由に変わる。
JR東日本仙台支社は9月18日、気仙沼線BRTの運行ルートを一部変更すると発表した。10月5日の初発から、歌津(宮城県南三陸町)~陸前小泉(気仙沼市)間のバス専用道5.1kmのうち、2.9kmを一般道(国道45号)経由に変更する。

同支社によると、宮城県が歌津~陸前港(南三陸町)間にある港川の河川堤防整備を進めており、これに伴いJR東日本も港川橋りょうの改築工事を行う。このため専用道を走行できなくなることから、運行ルートを国道45号に変更。専用道内にある陸前港・蔵内両駅も国道45号に移設する。ルートの変更に伴う運行時刻の変更はない。

工事期間は約3年の予定。他の河川でも堤防整備が進められていることから、仙台支社は計画に合わせて橋りょうを改築する方針だ。同時に橋りょう周辺の専用道を延伸していくとしている。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集