【リコール】メルセデス B180 など3万台、走行不能になるおそれ

自動車 ビジネス 国内マーケット
メルセデスベンツ Bクラス(参考画像)
  • メルセデスベンツ Bクラス(参考画像)
  • 改善箇所
メルセデス・ベンツ日本は9月10日、メルセデスベンツ『A180』『B180』『CLA180』の3車種のドライブシャフトに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、2011年9月22日~2014年3月3日に輸入された計3万0027台。

ドライブシャフトとホイール側ジョイント部のインナーレースを接合しているスナップリングの形状が不適切なため、走行中の振動で外れることがある。その場合、走行中にドライブシャフトがインナーレースから抜けて、タイヤに駆動力が伝わらず、走行不能になるおそれがある。

改善措置として、全車両、ドライブシャフトを点検し、不適切なスナップリングを使用しているものは、対策品と交換する。

不具合は87件発生、事故は起きていない。市場からの報告により発見した。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集