【ジープ レネゲード 試乗】気骨ある走りに感じる、一族の血…島崎七生人

試乗記 輸入車
ジープ レネゲード トレイルホーク
  • ジープ レネゲード トレイルホーク
  • ジープ レネゲード トレイルホーク
  • ジープ レネゲード トレイルホーク
  • ジープ レネゲード トレイルホーク
  • ジープ レネゲード トレイルホーク
  • ジープ レネゲード トレイルホーク
  • ジープ レネゲード トレイルホーク
  • ジープ レネゲード トレイルホーク
ジープ(Jeep)というからには4×4であろう…そんな固定概念が思考回路を巡って、試乗車に「トレイルホーク」を選んだ。そして走らせてみると、納得する部分と意外に思える部分の両方が、頭のなかに浮かんだ。

意外に思えたのは、“まるで『ラングラー』のような気骨のある走りっぷりだ”ということ。舗装路を普通に走り出したのだが、いかにも強靭な足の動き、重々しい乗り味やステアリングフィールは、このクルマのスタイル、キャラにはそぐわないのでは!? とさえ思えたほどだ。

一方で「ああ、なるほど」とも思えた。それはアクセル操作に対しジンワリと答えを返してくるエンジン出力、9速ATのけっして先を急がないような変速ぶりに、だ。そういえばフルサイズのスペアタイヤを積むと説明もあったが、このあたりの本格4×4らしい素養の片鱗は、やはりジープの一族であることの証だろう。

100km/hは9速でおよそ1600rpmほど。エンジン特性は瞬発力を効かすというより、余裕や底力を発揮させらがら悠々と走る雰囲気。安全支援の機能が豊富に搭載されていて、そのうちのひとつ「車線逸脱警報プラス」は、この週の機能としては割としっかりとステアリングを戻そうとする感触だった。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。
《島崎七生人》

編集部おすすめのニュース

特集