【SUPER GT 第5戦】約6時間のレースで2位との差わずか1秒、GT300はゲイナーGT-Rが制す[写真蔵]

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
SUPER GT 第5戦 GT300クラス 決勝レース
  • SUPER GT 第5戦 GT300クラス 決勝レース
  • SUPER GT 第5戦 GT300クラス 決勝レース
  • SUPER GT 第5戦 GT300クラス 決勝レース
  • SUPER GT 第5戦 GT300クラス 決勝レース
  • SUPER GT 第5戦 GT300クラス 決勝レース
  • SUPER GT 第5戦 GT300クラス 決勝レース
  • SUPER GT 第5戦 GT300クラス 決勝レース
  • SUPER GT 第5戦 GT300クラス 決勝レース
8月30日に三重県・鈴鹿サーキットでSUPER GT第5戦「鈴鹿1000km」決勝レースが行われ、GT300クラスはアンドレ・クート&千代勝正&富田竜一郎が駆る#10 GAINER TANAX GT-Rが優勝した。

伝統の鈴鹿1000km決勝レース、1位と2位に1分半もの大差がついたGT500クラスとは打って変わり、GT300クラスは最後まで首位の座がわからない激戦となった。最終的には、#10 GAINER TANAX GT-R(クート&千代&富田)が、#7 Studie BMW Z4(J.ミューラー&荒聖治)の猛追を振り切り優勝したが、約6時間の長丁場のレースながら2台の差はわずか1秒。この勝利によりドライバーズランキング首位クートは、実質2位以降とは31点という大差をつけ、その座を磐石なものにした。

3位には#61 SUBARU BRZ R&D SPORT(井口卓人&山内英輝/DL)が入り、ここまでがトップ同一周の混戦レースとなった。

■SUPER GT 第5戦 GT300クラス 決勝順位 トップ10
1.#10 GAINER TANAX GT-R(アンドレ・クート&千代勝正&富田竜一郎)
2.#7 Studie BMW Z4(ヨルグ・ミューラー&荒聖治)
3.#61 SUBARU BRZ R&D SPORT(井口卓人&山内英輝)
4.#88 マネパ ランボルギーニ GT3(織戸学&平峰一貴&佐藤公哉)
5.#21 Audi R8 LMS ultra(リチャード・ライアン&藤井誠暢)
6.#65 LEON SLS(黒澤治樹&蒲生尚弥)
7.#2 シンティアム・アップル・ロータス(高橋一穂&加藤寛規&濱口弘)
8.#0 グッドスマイル 初音ミク SLS(谷口信輝&片岡龍也)
9.#77 ケーズフロンティア Direction 458(横溝直輝&峰尾恭輔&飯田太陽)
10.#31 TOYOTA PRIUS apr GT(嵯峨宏紀&中山雄一&佐々木孝太)
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集