富士重、陸自向け新多用途ヘリコプター開発へ…試作請負契約を締結

航空 企業動向

UH-X完成イメージ
  • UH-X完成イメージ
富士重工業は9月2日、防衛省との間で陸上自衛隊向け新多用途ヘリコプター(UH-X)開発プロジェクト立ち上げ事業の試作請負契約を締結したと発表した。

富士重は、米国ベル・ヘリコプター・テキストロンと、412シリーズの最新型ヘリコプターである412EPIの発展型機「富士ベル412+(仮称)」を共同開発し、この機体を共通プラットフォームとして陸上自衛隊向けUH-Xを開発する計画。

民間機として開発する富士ベル412+は、412EPIのメイン・トランスミッション内の潤滑油が抜けた状態で、30分間の飛行継続が可能とするともに、トランスミッションの出力向上、機体の耐久性の改善など、性能と安全性を向上させた機体。自社開発した金属表面加工技術や、民間機大量生産などで培った高効率生産技術などを投入する計画。

販売は、ベルのネットワークを活用し、協力して世界に向けて販売する。

富士重は、ベルとの55年間にわたるパートナーシップのもと、航空宇宙カンパニーにUH-Xと富士ベル412+の製造ラインを構築し、共同でヘリコプター事業を展開していく予定。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集