BMW 3.0 CSL オマージュに「R」、伝説のレーサーと対面[動画]

自動車 ニューモデル 新型車

BMW 3.0CSLと3.0CSLオマージュR
  • BMW 3.0CSLと3.0CSLオマージュR
ドイツの高級車メーカー、BMWが8月14日、「ペブルビーチ・コンクールデレガンス」でワールドプレミアしたコンセプトカー、『3.0CSLオマージュR』。同車の映像が、ネット上で公開されている。

BMWは5月、イタリアで開催された「コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラデステ」において、『3.0CSLオマージュ』を発表。BMWの伝説のレーシングカーのホモロゲーションモデルとして、1970年代前半に限定生産された『3.0CSL』を、現代流に解釈したのが、3.0CSLオマージュ。

ペブルビーチで初公開された3.0CSLオマージュRは、3.0CSLオマージュの発展バージョン。BMWの北米進出40周年と、3.0CSLのレースでの成功から40年が経過したのを記念したコンセプトカー。

ボディカラーは、前回のイエローから一転、ホワイト基調に変更。BMW Mのレーシングストライプが添えられ、1975年にモータースポーツシーンで活躍した3.0CSLの雰囲気が再現された。また、フロントグリルのデザインを変更。室内には、ロールケージや消火器、キルスイッチなどが装備され、完全なレーシングカー仕様に。

8月19日、BMWは3.0CSLオマージュRの映像を、公式サイトで配信。3.0CSLオマージュRが、そのルーツとなった3.0CSLと、対面を果たしている。


《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集