相模鉄道、貨物線を臨時列車で往復する乗車体験会開催…8月23日

鉄道 企業動向
8月23日に行われる「相鉄厚木線 乗車体験会」の案内。通常は利用できない貨物線を臨時列車で往復する。
  • 8月23日に行われる「相鉄厚木線 乗車体験会」の案内。通常は利用できない貨物線を臨時列車で往復する。
相模鉄道(相鉄)は8月23日、神奈川県海老名市内の貨物線を臨時列車で往復する「相鉄厚木線 乗車体験会」を開催する。

厚木線は、本線かしわ台~海老名間にある相模国分信号所からJR相模線の厚木駅までの2.2kmを結ぶ貨物線。相模国分信号所から小田急電鉄小田原線をまたいで南西に進み、相模線に沿って厚木駅に向かう。現在は旅客列車・貨物列車ともに運行されておらず、厚木駅に隣接する留置線(厚木操車場)に車両を留置するための回送ルートとして活用されているほか、新造車両の搬入ルートにもなっている。

当日はかしわ台駅から厚木操車場まで往復する臨時列車が3本運行される。いずれも乗車できるのはかしわ台駅のみで、厚木操車場では乗り降りできない。運行時刻は1号:かしわ台11時05分発・11時31分着、2号:かしわ台13時45分発・14時11分着、3号:かしわ台14時45分発・15時11分着。乗車に際しては、当日有効のフリー切符「相鉄・鉄道全線1日乗車券」が必要(大人620円・子供320円)。1日乗車券1枚につき1回だけ乗車体験会の臨時列車に乗ることができる。

参加できるのは各回先着600人だが、編成両端の1・10号車は各号車先着40組80人までで、各回30分前までにかしわ台駅西口の改札外コンコースに集合する必要がある。それ以外の車両に乗車する場合は、出発15分前にかしわ台駅2番線ホーム集合になる。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース